経済主体についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 進化している金融システム

新着情報

金融システムの進化:電子手形

電子手形はインターネットの画面上で実際の手形処理と同じ操作を行い、他の利用者との間で取引できる金融システムです。電手、電債とも呼ばれます。通常の手形と同様の画面で操作すれば電子債権として記録されるので紛失の心配がありません。また保管や郵送の手間も省け、事務作業の効率アップやコストダウンに繋がります。特徴としてはネット画面上での割引が可能ですぐに現金が手に入ること、期日に資金利用ができること、裏書譲渡が簡単に行えること、手形を小口で分割して割引や裏書譲渡ができることです。1,000円以上1円単位での決済が可能なため、特に中小企業にとっては大きなメリットがあります。システムを利用するには電子手形決済サービスの取扱金融機関との契約・登録が必要です。

電子手形は手間も印紙も不要

電子手形の登場で、ネット上で従来の手形同様に振出、割引、裏書譲渡、手形決済ができるようになりました。電子手形の取引の開始には、取扱金融機関と契約が必要で、また、パソコンで操作する必要はありますが、実際の手形と変わらないために違和感がありません。ただし、従来の手形とは違うメリットもあります。第一に、発行、割引、取立などの作業や手続きのための手間がかかりません。次に、電子記録債権ゆえに収入印紙が不要なことから、支払手形の発行額が多い企業にとっては大幅なコストダウンにつながります。また、決済銀行はじめ金融機関にとっても手形交換所にかかる事務コストの激減が望めます。