経済主体についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 金相場の変動について

新着情報

過去の情報一覧

金の相場が高騰傾向の今

金には、国際価格と国内価格があり、国際価格の相場が変動すればそれに伴って国内価格も変動します。最近では国内価格のほうが高くなっています。ここ数年は上昇傾向で、その中でも特に2013年の2~4月は相場がとても高く、上下する事はありますが5000円を超える日もありました。最近では、4000円台をうろうろと行ったり来たりしているといった感じです。この金の相場は、円安ドル安にも関係し、ここ2~3年は特に高騰傾向にあるので、使わない指輪やネックレスなどを売ればよい収入源になりますね。