経済主体についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 金融商品の評価について

新着情報

金融機関の不動産商品

不動産の評価における手法は大きく3つに分かれます。取引事例比較法、原価法、収益還元法の3つですが、この中で不動産を長期間保有する場合に適している鑑定手法が収益還元法です。基本的に1年間の純利益を還元利回りで割るという方法です。購入した不動産を長期間所有して運用したい金融機関や不動産会社が用いる事が多い鑑定手法です。最近は不動産ファンドという商品を扱っている機関も多いですが、それらの元となっている鑑定手法は還元利回りを用いたものがほとんどです。大手信託銀行だけでなく、地方銀行などの金融機関においても不動産商品は扱われています。

還元利回りとはどういうことか

金融商品にはたくさんの種類があります。その中でも不動産は大きな利益を生み出すことが出来るものです。ただしタイミングも大切です。還元利回りもチェックすると良いでしょう。これは不動産の収益性を表したものなのです。そして収益価格を算出するための利回りなのです。どれくらいの価値があるのか分からないと販売をすることもできません。金融商品ですからしっかりとした価値を判定しなければいけません。この算出というのは、専門家ではないと難しいのです。お金が関係しているものですし、納得する査定でなければいけないのです。