経済主体についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 公定歩合での金融政策

新着情報

日銀の金融政策の公定歩合操作

日本では市中銀行の銀行として日銀があります。日銀が市中銀行に貸し出す金融資金の量を調整することにより、市場の通貨供給量を調整することに繋がります。この際の利率を公定歩合といいます。利率が高ければ高いほど、市中銀行が資金を借りるのが難しくなり、借り入れ量が低下するのです。日銀は、景気の動向を見ながら、この公定歩合を操作する役目を担っています。つまり、金融政策の一環なのです。しかし、現在は政策として使われることは、ほとんどありません。なぜなら、日銀が市中銀行に資金を貸し付けるという状況が、ほとんど起こらないからです。

経済に直結する公定歩合

公定歩合は、経済に直結しています。例えば、国債の金利もこれに連動しています。銀行などの金融機関の定期預金金利や貸出金利もすべてに連動しているのです。また、公定歩合は、景気の調整機能に使われています。景気が停滞気味の時には、金利を下げることで、貸出金利が下がることで、機関からの設備投資などの貸し出しを増やすことができたり、市場にお金が出回るので、これが景気に高影響を与えるのです。仮に景気が過熱気味の時には、金利を上げることで、定期預金などに資金が集まり、お金が借りる人が減り、金融市場からお金が減少することで、過熱気味の景気をおさえるのです。